海外資産を相続した日本在住の日本人、在日外国人の方へ
国際相続のトラブルでお悩みではありませんか?
国際相続の「裏側」を知る専門家が解決策を伝授いたします。

トップ > 台湾戸籍翻訳 > 台湾企業の会社法人登記簿謄本請求・調査代行サービス

台湾企業の会社法人登記簿謄本請求・調査代行サービス

1.台湾企業の会社法人登記簿謄本請求・調査代行サービスの必要性

c1c4ad3e6c00a3d493a9e0f9f9110041_s.jpg

ビジネスのグローバル化に伴い、台湾企業との取引が増加している企業も多いかと思います。台湾は日本とも近く、コストも割安であることが多いため、日本企業にとってビジネス上重要なパートナーとなる企業も多いです。

しかしながら、例えば名刺だけで相手方が有名な会社の役員であると簡単に信用してしまい、業務委託費等を先払いしたが連絡がなく、その後に調査してみたらその会社は別会社だった(あるいは存在しなかった)という事例もあります。また台湾企業相手に裁判を行う場合は、被告となる会社の情報収集は不可欠です。

そこで、当事務所では、台湾企業の会社登記簿謄本請求・調査代行サービスを行っております。 台湾企業の取引先の信用調査、台湾企業との裁判等で台湾企業の会社登記簿謄本調査が必要な場合は、お気軽にご利用下さい。

2.台湾の法人登記簿謄本請求、調査、翻訳の目的

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s.jpg

台湾の登記簿謄本の請求・取得・調査・翻訳の主な目的は、多い順に以下の通りです。

台湾企業と取引を開始するにあたり、信用調査の一環として台湾の登記簿謄本が必要(※名刺はあるが、本当に会社が存在するか不明)

②子会社が台湾の会社であり、日本の親会社が税務申告等の役所の手続きをするため、資格証明書として台湾の法人登記簿謄本が必要

台湾の会社に対し裁判(民事訴訟)を起こすため、資格証明書として台湾の法人登記簿謄本が必要

このように、国際取引の多様化により、様々な目的で台湾企業の登記簿謄本が必要となるケースが多くなってきています。

3.台湾の登記簿謄本請求の流れ

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s.jpg

1.当事務所の案内にしたがい、メールフォームから必要な情報(※中国語(繁体)の本店所在地と法人名等)を当事務所まで送付

(※いただいた情報に誤りがあり、再調査が必要になった場合、同一の料金がかかりますので、絶対に情報のミスのないようお願いいたします)

   ↓

2.業務報酬を入金

   ↓

3.当事務所より台湾の会社・法人の登記謄本を請求、もしくは情報を取得

   ↓

4.即日~3営業日内に登記簿謄本情報、登記データ(PDF)をメール納品

 ※台湾の法人登記簿謄本の原本が必要な場合は2週間~3週間が標準的な期間となります。

※台湾の登記簿謄本の原本の取得は、会社の役員等、請求できる者が限られております。そのため、当事務所では台湾の登記簿謄本の原本の取得代行は料金体系が異なりますのでご了承ください。

※特に信用調査の場合、取引予定先の法人の登記記録が存在しない場合があります。その場合でも費用の返金はいたしかねますのでご了承ください。

4.台湾企業の会社登記簿謄本調査代行サービスで確認できる項目

e3d09e48d82b788c6f105b7701b022eb_s.jpg

台湾企業の会社登記簿謄本調査代行サービスで確認できる項目は下記の通りです。

①会社の存在の有無

→法人格の有無の確認及び会社の種類(有限会社・株式会社等)を確認いたします。  

②所在地

→登記上の所在地を確認いたします。

③統一番号(会社番号)

→営業業許可番号を確認します。

④役員名簿及び役員の持ち株情報

→取締役と取締役の持株の状況を確認します。

⑤子会社の有無

⑥営業項目(定款)

→登記上の営業項目を調査します。

⑦設立日と登記変更日時

→設立日及び登記変更の日時を確認します。

⑧資本金・実質資本金

→会社の設立時と現在の資本について確認します。

5.台湾企業の会社法人登記簿謄本請求・調査代行サービスの費用・納期

acbe938177164d15286ef5ee5e60a041_s.jpg

①登記データのPDF納品の場合

費用:2万円(税別)

納期:ご依頼及び入金確認後、2週間~3営業日以内

※台湾の公的な機関の運営する法人登記情報データベースから取得した企業情報をPDFにして送付するのがサービス内容となります。

②台湾の法人登記簿謄本原本の請求

費用:9万円+税+実費

納期の目安:ご依頼及び入金確認後2週間~3週間以内

※台湾の公的な機関から取得した法人登記簿情報を送付するのがサービス内容となります。

※台湾企業の登記簿謄本原本の申請は、日本の登記簿謄本とは異なり、通常、対象となる会社の責任者または当該利害関係人が申請者となります。

ただし、利害関係があれば全部の情報が取得できるわけではなく、利害関係人の種類により、閲覧可能な範囲は異なります。

また、ここでいう、「利害関係人」は、下記の者となっています。

・契約当事者

・株主

・債権債務者 等

従いまして、日本の法人登記簿とは異なり、ご依頼者様がまだ台湾企業と契約関係にない場合には、謄本原本を取得することはできませんのでご注意ください。

4.お申込みフォーム

台湾企業の会社法人登記簿謄本請求・調査代行サービスをお申込みの際は下記フォームよりお申込み下さい。

1営業日以内に担当者よりご連絡差し上げますので、送信後、しばらくお待ち下さい。

会社名
氏名
郵便番号 -
住所
電話番号
メールアドレス
FAX番号
ファイル送信
台湾の法人名(英語または中国語)
台湾法人の住所

請求の目的

(例:取引先の台湾の会社の存在確認)

書類提出先の機関名
翻訳の要否 必要
不要
未定
翻訳証明の要否 必要
不要
データ形式 データPDFのみで可(1通2万1600円 即日~3営業日で納品)
納品希望日
コメント

※「台湾の謄本にはどんな内容が載っているのか」「サンプルがほしい」等の質問への回答は業務のご依頼のない場合、有償(5400円・30分)での対応となります。

 また本件についてはお電話での相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

メインメニュー

Copyright© 国際相続手続き代行センター(韓国・香港・中国・台湾・アメリカ等) All Rights Reserved.