海外資産を相続した日本在住の日本人、在日外国人の方へ
国際相続のトラブルでお悩みではありませんか?
国際相続の「裏側」を知る専門家が解決策を伝授いたします。

トップ > 香港ファンドの解約 > マン・インベストメント社のファンド解約方法

マン・インベストメント社のファンド解約方法

<マン・インベストメントのファンド解約方法>

1.マン・インベストメント社の解約でお困りではありませんか?

マン・インベストメント社は一時期は、非常に人気があり、日本でかなりの額を販売していたこともあり、日本人投資家の方の中にもマン社のファンドを保有している方は多いようです。

そして、投資額以上の利益を上げた方も少なくないようです。また、会社も歴史のある上場会社ですので、コンプライアンス体制もしっかりしており、ファンドそのものは信頼に値するものではないかと思います。

ですから、投資家が英語が堪能であれば何ら問題はありません。

ただ、日本人投資家の場合、多くの方が英語ができないので、海外のファンド(※マンのファンドに限りません)購入の際に、サポート業者の助けを借りてファンド購入をしているケースが少なくありません。

これが原因で、販売時には販売代理店(IFA)がサポートしてくれるので英語があまりできなくても日本語で簡単に購入できたものの、マンインベストメント社から送られてくるレターの意味がわからず、その後はただただ放置されていることがあるようです。

また、日本の投資信託であれば解約手続きは日本語で行われますので当然に自分でできますが、外国のファンドを購入した場合、仮に利益が出たのでファンドを解約しようとしても、解約関係の書類は英語で書かれているため、英語力のない方の場合、簡単に解約できるとは限りません。

本来は投資家は自己責任が原則ですから、自業自得といえばそれまでですが、やはり解約できて初めて利益が確定するわけですから、英語の書類が壁となってファンドの解約がスムーズにいかないことは日本人投資家にとって大きな問題である点は否めません。

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s.jpg

2、マンのファンドが解約できない場合の主な原因

このようなマンのファンドが解約できなくて困っている方の主要な原因はだいたい次の3つです。

①購入したファンドの販売代理店(IFA)に解約の相談をしたが、販売代理店からサポートを拒否されている

②販売代理店そのものが廃業していたり、担当者が行方不明になっていたりして、連絡がとれない

③書類をなくしてしまい、自分の買ったファンドや投資家ID等がわからない

このことからわかるように、多くの方がマンのファンドが解約できない原因は、主として

「英語ができないため、日本語でサポートを頼める信頼できる人が必要だが、そのような人がいない」

ということにあるようです。

なお、仮に販売代理店の反応がよくなくても、ファンド販売元のマン・インベストメント社は問い合わせにもきちんと対応してくれますし、きちんとした手続きさえ踏めば、顧客の解約にちゃんと応じてくれますので、ご安心ください。

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_s.jpg

3.自分だけでマンのファンドの解約手続きは可能なのか?

では、自分だけでマンのファンドの解約手続きは可能なのでしょうか?

これはもちろん可能です。

そもそも、銀行口座の預金等と同じく、ファンドの持分はあなた自身のものなのですから、自分で解約できるのが当然です。またマン・インベストメント社は顧客からの問い合わせに対し、通常、きちんと対応してくれると思われます。

ですから、きちんと担当者に言われたとおりの手続きを踏めば、自分でも解約することはできます。

ただ、そのためには一定の英語力が必要であることは前述のとおりです。

そのため、英語が苦手な日本人投資家は、どうしたらいいのかわからなくなることが多く、果てには解約を諦めてファンドを放置してしまうことも多いようです。これは本当にもったいないです。

6c9b7db12e09270f4eb29765a13ce681_s.jpg

4.マンのファンドをスムーズに解約する方法

では、どうすれば、マンのファンドを迅速に解約できるのでしょうか?

もちろん、英語の勉強だと思って自分で辞書を引きながら担当者とやりとりして頑張ってみるのもひとつの方法です。

しかし、仕事もありますし、多くの人にはそのような時間、手間がもったいないと思う方も多いと思います。

そこで当事務所ができる限りスムーズに解約できるよう、マンのファンド解約をサポートいたします。

ADPの解約、AHLの解約、元本保証型商品の解約等、商品の種類は問いません。また、エージェントと連絡が取れなかったり、サポートを拒否されている方であっても、保証はできませんが、多くの場合、何とかなります。

マン社のファンド解約方法、手続きがわからずお悩みの方は、一人で悩まず、まずはご相談ください。

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s.jpg

5.解約可能なファンドの例

当事務所で解約可能なファンドの例としては例えば下記のようなファンドが該当します。もちろん、下記以外のファンドの解約サポートも可能ですので、一度ご相談下さい。

  • Man AP Enhanced Series 2 Ltd - EUR Class
  • Man AP Enhanced Series 2 Ltd - USD Class
  • Man AP Spectrum Series 2 Ltd - Euro Class A
  • Man AP Unison Series 1 Ltd - EUR Class
  • Man AHL Diversified AUD Limited
  • Man AHL Diversified Futures Limited
  • Man AHL Diversified Markets EU Tranche A
  • Man AHL Diversified PCC Limited AHL Diversified (Guernsey) Class AA
  • Man AHL Diversified PCC Limited AHL Diversified (Guernsey) Class AB
  • Man AHL Diversified PCC Limited AHL Diversified (Guernsey) Class BA
  • Man AHL Diversified PCC Limited AHL Diversified (Guernsey) Class BB
  • Man AHL Diversified plc
  • Man AHL Diversified Strategies Ltd. Tranche A USD Guaranteed BondsMan AHL Gold AUD Limited
  • Man AHL Guaranteed Futures Limited (18-10-2006)
  • Man IP 220 International Ltd - EUR Class
  • Man IP 220 International Ltd - USD Class
  • Man IP 220 Limited - EUR Class Bonds
  • Man IP 220 Limited - USD Class Bonds
  • Man IP 220 Series 4 Ltd - EUR Class
  • Man IP 220 Series 4 Ltd - USD Class
  • Man IP 220 Series 6 Ltd - USD Class
  • Man RMF Multi-Style Ltd - USD Class USD
  • Man RMF Umbrella SICAV Man AHL Diversity GBP Class D GBP
  • Man RMF Umbrella SICAV Man AHL Diversity GBP Class DB GBP page26image38016
  • Man GLG Investment Strategies Limited Class A Man GLG Multi-Strategy SharesMan Global Strategies Diversified Ltd - EUR Class
  • Man Global Strategies Diversified Ltd - USD Class
  • Man Investments Man-Glenwood Multi Strategy Fund
  • Man MGS Access - EUR Class Bonds (10-10-2006)
  • Man MGS Access Series 2 Ltd - EUR Class Bonds Tranche AMan Multi-Strategy Series 4 Ltd - USD Class
  • Man OM-IP 130 Plus (AUD)
  • Man OM-IP 140 Plus (AUD)
  • Man OM-IP 220 2008 Limited
  • Man OM-IP 220 Series 10 Limited (AUD)
  • Man OM-IP 220 Series 6 Limited (AUD)
  • Man OM-IP 220 Series 7 Limited (AUD)
  • Man OM-IP 2AHL Limited
  • Man OM-IP 3AHL Limited
  • Man OM-IP 3Eclipse
  • Man OM-IP AHL 2010
  • Man OM-IP AHL Limited
  • Man OM-IP Eclipse
  • Man OM-IP Eclipse 2010 Limited
  • Man OM-IP Essential
  • Man OM-IP Global Ltd AUD
  • Man Synergy Limited USD Guaranteed Bonds Tranche B USD
  • Man Synergy USD Income Bonds Tranche B USD
  • Man Vision Limited Tranche A USD

25656f81a02a46532ed10f29a4315772_s.jpg

6.サービス費用(標準費用)

87d8bd81bfa67be6197ef62a1778a82f_s.jpg

マン・インベストメントのファンド解約サポート:5万8千円(税込)

同一の会社、国籍の複数のファンドを同時に解約する場合、2つめのファンドの解約は3万円+税+4千円に割引いたします。

※1.当サイトの記事は、マン・インベストメント社や同社の運営するファンドの価値についての判断を行うものではありません。投資は自己責任であり、自己の判断で行ってください。

※2.当サービスは、マン社のファンドの解約を勧めるものではありません。ファンドを継続したほうがいいか、解約が必要か否かはすべてご自身でご判断ください。

※3.あくまで当サービスは「ファンドを解約しようとしたが、英語が苦手で、どうしても解約ができなくて困っている」という方のための翻訳・通訳および解約手続についてのサポート業務です。国際税務、法的な助言、投資助言に関するアドバイスはサービスの対象外ですので一切行えません(※必要な場合は専門家をご紹介します)のでご了承ください。

※4.ファンドの解約をするのはあくまで本人であり、本人手続が原則です。個人情報保護の観点から、マン社が当事務所にお客様の個人情報を伝えることはできませんし、当方が代理人としてすべての手続きを代行することはできませんので、ご了承ください。

※5.過去の状況から判断して難易度が高いケースや解約にあたり先に別の手続きが必要になる等、ケースによっては費用が加算となることがあります。その際は事前にお見積もりいたしますので、まずはマン社のファンド購入から今までの詳しい状況をお知らせ下さい。

※過去のマンインベストメント社のファンドの多くは、2016年にBNY MELLON社に事業譲渡されているようです。これに伴い、投資家はパスポート認証、住所認証等が必要になるようです。

当事務所では、そのような方のパスポート認証、住所認証のサポートを行っております。

BNY MELLON社から英文のメールが来てどうしたらよいかわからない方はお気軽にお問い合わせください。

BNY MELLON社の本人確認、住所確認手続きはこちら

ファンド解約サポートのご依頼・お問い合わせは・・・・・

TEL:06-6375-2313(※相談は予約制です)

フロンティア総合国際法務事務所 まで!

メインメニュー

Copyright© 国際相続手続き代行センター(韓国・香港・中国・台湾・アメリカ等) All Rights Reserved.